生命保険外務員・生保営業専門の研修会社です。法人保険・ドクターマーケットで成功したいアナタ!ウイッシュアップ 牧野克彦 が今実際にやって高額保険契約を挙げているノウハウをお教えします!!

資産家攻略研修 実践編

前の記事  |  次の記事  ]

---------------------------------------------------------------

相続専門税理士 内田 誠(ウチダ マコト)

----------------------------------------------------------------

 

過去相続対策 500件以上

相続税の申告業務 300件以上

 

昭和46年生まれ。平成7年甲南大学大学院を修了後、大阪国税局に入局。

 

大阪国税局では、大口で困難な相続税の物納・延納事務を、

税務署では相続税・譲渡所得税等の資産課税の調査のほか、相続税の納税猶予事務や

路線価の設定などを中心に従事していた。

 

平成19年に大阪国税局を退職し、内田誠税理士事務所を改行後、

縁あって、平成22年1月から

相続税対策に強い「税理士法人 WEST BRAIN」に加入する。

 

大阪国税局を退職後、平成25年6月末までの5年間に

190件の相続税申告に携わり、税理士の相続税、年間平均申告件数0.7件を

大幅に上回る申告を行っているが、元国税調査官として調査案件の選定や

税務調査を行っていた経験から、「調査が来ない申告書の作成」を心がける

ことにより、相続税申告の平均調査割合が約3割あるなか、関与した相続税申告

の調査割合が1割以下という実績がある。

 

さらに、実際に調査が行なわれた場合にも、税務職員の調査手法や思考回路を

実務経験から熟知しているため、平成23年度・国税庁の相続税調査実績では、

1件当たり平均申告漏れ課税価格が、2896万円、追徴課税が1件当たり549万円。

これに対して、担当した先の調査はわずか2件で約100円と約50万円の追徴課税

という驚愕の実績をあげている。

 

また、相続税だけでなく、不動産オーナーのための法人を活用した節税対策も

得意分野である。