生命保険外務員・生保営業専門の研修会社です。法人保険・ドクターマーケットで成功したいアナタ!ウイッシュアップ 牧野克彦 が今実際にやって高額保険契約を挙げているノウハウをお教えします!!

<<  2017年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
牧野克彦メールマガジンの登録はこちら
無料動画セミナー集
牧野克彦の書籍・DVDをAMAZONで購入される方はこちら
企業と開業医の経費削減
メルマガ バックナンバー

牧野克彦のメールマガジンのバックナンバーが
お読みいただます。

前の記事  |  次の記事
2006 0416 めるまが「あなたは神様ですか? 相手の心が読めるんですか?」  [2006年04月16日]
 
お世話になります。ウイッシュアップの牧野です。
 
今回のメルマガは『あなたは神様ですか? 相手の心が読めるんですか?』です。
 
 
 
**********  あなたは神様ですか? 相手の心が読めるんですか?    **********
 
私は、今でも断られたり・相手のいやそうな顔を見るのはとっても怖いです。
 
ジェームススキナーが教えてくれたことで、本当にそうだと思えることがあります。
 
それは、「断られる前にあきらめるな!」ということ。
 
人って、他の人に「断られること」「笑われること」が非常に怖いんですよね。
 
自分を否定されているように感じてしまいますから。
 
特に保険屋さんは私も含めてその傾向が強いと思います。
 
だから、「とにかくTELアポしてみよう」とか
 
「保険の話を聞いて」と言おうと思っても、
 
否定される自分を無意識に考えてしまって、
 
なかなか行動に移すことが出来ないんだと思います。
 
でも、断られたとしても、その人は「あなたの行為やお願い」を断っているだけであって、
 
「あなた自身を否定している」わけではないんですね。
 
でも、やらない人からこんな事をよく言われます。
 
 ・こんなことを言うとイヤな顔をされる。
 
 ・こんなことを言うと断られるに決まってる。
 
 ・向こうだって忙しいに違いない。
 
 ・今まだ出会って間もないからダメだろう。
 
 ・これをやると(これをお願いすると)、次ぎ顔を見た時なんとなく気まずい。
 
 ・他の人がやって、失敗している。自分もダメだ。 などなど。
 
まるで相手の心が読める神様みたいでしょう。
 
私はいつもこれにはビックリするんです。
 
そしてこんな風に思います。
 
『あなたは神様ですか? 相手の心が読めるんですか?』
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とっても不思議だと思いませんか?
 
でもこれは、やってみないと分からない事ですよね。
 
私は他人の心がわからないので、とりあえず声を掛けます。
 
あなたが絶対ダメだろう、と思い込んでいても、
 
相手がどう受け止めるか、どう考えるかは聞いてみないと分からないんです。
 
だから、思い切って言ってしまいましょう。
 
皆さんも、「断られる前にあきらめない」を実践してみてはいかがでしょうか?
 
 
________________________________________________________
 
牧野克彦メールマガジン
 
2006 0416 めるまが「あなたは神様ですか? 相手の心が読めるんですか?」 より
 
 
 
Posted at 13:27